橘丸

IMG_4170.JPG

2014年6月27日就航

全長118m 全幅17m 吃水5.4m 総トン数5681t 航海速力19kt 定員 近海:596名 沿海:1000名

かめりあ丸の後継船として就航。船名は昭和初期に活躍した名船「橘丸」から命名(本船で3代目)

デザイン&命名は東海汽船名誉船長の柳原良平氏。先代橘丸のイエローオーカーを踏襲

旅客船としては大変珍しいアジマス推進器を持ち、メインエンジンで推進力を得ながら発電しペラを回すというハイブリットな船。

さるびあ丸に比べて15%ほど燃費が改善されているとのこと。

また、バウスラスタを2基に増やし小回りが効くようになった。

本船の就航に合わせて八丈島~御蔵島~三宅島を航路に大島が寄港されることとなり(期間限定・上り便のみ)

大島にてジェット船に接続できるようになった。


船内ではエレベータ・ウォシュレットトイレ・キッズルームなど本船からの新設備も目立つ



  • 最終更新:2015-03-12 16:05:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード