全盛期の配船をおさらい

1980年頃が東海汽船の全盛期と言われています。この頃は客船7隻+高速船2隻で運航されていました。

その頃の配船をおさらいしましょう。(資料に乏しいため一部推察があります)

・すとれちあ丸:東京~三宅島~八丈島(御蔵島には寄港せず。東京19:10着)

・さるびあ丸 :東京~式根島・新島~熱海

・ふりいじあ丸:東京~大島~利島~式根島・納涼船

・かとれあ丸 :東京~神津島~熱海

・はまゆう丸 :伊東・熱海~大島/東京~大島

・さくら丸  :東京~勝山~館山・納涼船

・シーガル  :東京~大島~新島

・シーホーク2:稲取~大島~熱海

・あじさい丸 :下田~新島~神津島


※この当時御蔵島への直行便はなく、三宅島乗換。

 ほかの方の写真なので掲載することはできませんが、台風接近のためこのほとんどの船が東京に集結した写真があります。まぁ壮観です。




  • 最終更新:2015-01-19 09:44:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード