シーガル2

sg208.jpg
シーガル2

竣工:平成元年 12月13日 総トン数:567t 全長:39.30m 幅:15.60m 深さ:6.8m 吃水:3.25m
最大速力:30.6kt 馬力:2,680PS×4 定員:410名

シーガルの後継船として熱海・伊東~大島航路に就航。東海汽船が導入した高速船では最大の双胴船。

高速船ではあるものの乗り心地がよく、またなかなか欠航しないことから島民に親しまれた。

また航海中もデッキにでることができ、たばこを吸うこともできた。

就航当初は売店が設置され軽食などが販売された。

就航路線は一貫して伊豆半島~大島航路。はまゆう丸の代船として稲取~大島にも就航したことがある。

(熱海~大島:60分 伊東~大島:50分 稲取~大島:40分 熱海~伊東:25分)

ただエンジンを4つ積んでいることからもわかるが燃費に関してはあまりいいものではなかったらしく

シーガル引退後に就航したジェットフォイルは時間が15分短縮されたにもかかわらず運賃は値下げされた

2005年3月31日退役。タンザニアに売船されたとのことである。

  • 最終更新:2015-04-18 22:03:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード